Tetsu Photography

鉄道とカメラの四方山話

カメラ

第65回 FM10

これは、正にロングセラーです。 某通販サイトで、珍しくフィルムカメラが出ていたので、手を出した、FM10。実物を触って、それはもう驚きました。 露出計は付いていますが、基本FMシリーズ、マニュアル露出が原則で、露出計もLED3灯式で、適正露…

第64回 F6

これは、最後のフィルムカメラとなっています。 Fに始まり、現行のF6まで連なる、いわゆる「一桁機」。プロ用のカメラの代表格で、技術的変遷はあったものの、同じFマウントであり、一部改造が必要な部分もありますが、クラシックレンズをF6で使用する…

第35回 D100

それは、初めて普通の人でも持てるデジタル一眼でした。 「買取価格6,000円」これが、このカメラの、今の評価額です。現在の最新のカメラからは見劣りし、技術的にもその程度の評価なのは仕方ありません。しかしこれは、持っている人がほとんどいません…

第34回 F100

それは、今でも私の主力です。 初めてのカメラ、F-801から、次のカメラを検討中、F90シリーズを物色していました。そこで、カメラ店で、相談をしてみました。 その答えは、こうでした。「F100の方が、良いよ。」 「F5ジュニア」というキャッチ…

第4回 F6

それは、最後のフィルムカメラとなっています。 私の写真の腕は、初心者ではありませんが、お世辞にも上級者とも言えません。そのため、プロ用の道具は使う資格が無いと、最高の機器では無く、中級者に似合う道具を使用していました。 そのため、N社の一桁…